カテゴリ:ドイツの風景(季節物)( 6 )

キルメス

デュッセルドルフの夏の風物詩「ラインキルメス」に行ってきました。

「キルメス」とは移動遊園地のことで、
ライン川沿いの空き地で、9日間だけ開催されます。
(ドイツには日本のような常設の遊園地はないようです)

仮設だからたいしたことないだろうと思っていたら
ジェットコースターはもちろん、フリーホール、急流下り、バイキング等等。。。。
組み立て式の手作り感と昔懐かしい素朴さはあるものの、立派に遊園地です。
d0134717_15182069.jpg


私たちが行った日は残念ながら雨降りでしたが
せっかくなんでアトラクションへGO!

と言っても濡れるのは嫌なのでまずは屋根のある観覧車へ。。。

観覧車は日本のものとは一味違います。
遠くから見てもあきらかに高速で回転しています。
これはどうなっているのか確かめるしかないってことで乗ってみました。

人の乗り降りは観覧車を止めて動かしを繰り返すので
約1周日本の観覧車のようにゆっくり周ります。
そして全員が乗り込んだ後からが本番。
1周1~2分のスピードで4周。景色を楽しむ暇なく回転。
ちなみにお値段一人4.5ユーロ。
観覧車の上から撮ったキルメス会場↓
d0134717_1547918.jpg


そして次に向かったのが’暗闇の中を走るジェットコースター’
d0134717_1692370.jpg

建物の中を走るジェットコースタだから濡れないし
スペースマウンテンみたいな感じかなーと思っていたら。。。
真っ暗闇の中を高速で走り抜けるところまではよかったのですが
座席が可動式で重力によってグルグル横回転(ひえー目が回る)、
一番の高低差を落下してスピードに乗っているときに
どこからか顔面に水をぶっかけられる。
乗り終わった後、夫と「何?なんで???」としばし放心状態。
そしてずぶ濡れの二人…想像以上の激しさでした。
こちらは一人5ユーロ。(なかなかのお値段です)


会場にはたくさんの屋台やビアホール(夜はバンドやDJが入って踊りまくる)があり
大人も子供も楽しめます。
そして期間限定ってところがなんとも気分を高揚させますね。

またドイツ生活の季節の楽しみが出来ました。
[PR]

by maronen3 | 2008-07-23 17:11 | ドイツの風景(季節物)

パレード!!

カーニバル行事の中でも最も盛り上がるのが
昨日行われた「Rosenmontag」のパレード。

祝日でもないのに学校や会社、店舗はお休み。
皆カーニバルのクライマックスを楽しみます。
地元のテレビ局は朝から一日カーニバル特番を放映。

午後から街の中心部でパレードが行われます。
数多くの山車が主要な通りを数時間かけて練り歩きます。
d0134717_22513866.jpg

昨日はあいにくの雨でしたが、皆仮装してパレード見学。
最も人の集まる通りに行ってしまったため歩くのもやっとの状態。

パレードは「Helau!!」の合言葉とともに、お菓子をばら撒きながら進みます。
子供は最前列に並んで必死でお菓子を拾ってます。
買い物袋いっぱいにお菓子をお持ち帰り。

山車は毎年社会を風刺したちょっとブラックなものが多いと聞きました。
これもそうのようで。。。。
d0134717_2252299.jpg

見たときはこのグロさにギョッとしましたが
後で夫から聞いた話によるとNOKIA(携帯電話メーカー)が
ドイツにある工場を閉鎖したそうでそれに対する抗議ではとのこと。
NOKIAの携帯電話が包丁になって人々を刺しているのです。

趣旨はわかりませんが西洋ネギ(ポレネギ)の山車。
山車の後ろを歩いていく人々もネギに仮装しネギを片手に歩いてました。
(ポレネギ愛好会かなんかでしょうか??)
d0134717_22594459.jpg



来年はカーニバルの意味や行事をもっと調べて
ドイツ人みたいに楽しめたらなと思います。
パレードも後方でしか見学できずお菓子は二つしか拾えなかった…



カーニバルで羽目をはずして盛り上がり、
これを境に静かにひたすら春を待ちわびるのですね。
[PR]

by maronen3 | 2008-02-05 23:11 | ドイツの風景(季節物)

カーニバル!!

昨日は「Altweiber(老女のカーニバル)」でした。

カトリック信者の多いこの地域では、
11月11日から3月までカーニバル期間として様々な行事を行うそうで
昨日の「Altweiber」から
来週月曜日「Rosenmontag(バラの月曜日)」の数日間が
もっとも盛り上がるお祭り週間らしいです。
(聞きかじりなんで間違ってたらごめんなさい)

「Altweiber」は、’女性のお祭り’で
女性が男性のネクタイをハサミで切り取ってもよいとのこと。
すれ違った見知らぬ男性のネクタイもハサミで切っちゃうんです。
そしてキスをしてお互いご機嫌で去っていく。。。

そのネクタイ切りは会社でも行われます。
幸い?夫はスーツを着て行く仕事ではないので被害なし。
でもスーツ出勤の同僚日本人男性は、おばちゃんばかりの部署に呼び出され
一列に並んで待ち構えるおばちゃんたちに次々ネクタイを切られたそうです。
そのおばちゃんたちにキスをしたかは不明…

さらに人々は様々な仮装して街に繰り出し、
お酒を飲んで、ベルリーナというドーナツを食べて
羽目をはずして盛り上がります。

街中に行ってみると、仮装した人たちがビール瓶片手に
大きな音楽の流れる中、踊ったり騒いだりしています。
d0134717_17424832.jpgd0134717_1743666.jpg

老若男女関係なく仮装してます。
デパートやパン屋の店員さんも仮装して真顔でレジ打ちしてました。
若者や子供だけじゃないところが、かえって微笑ましい。
特に白髪のご夫婦とかね。

写真を撮ろうとすると「俺も撮れ」「俺も撮れ」と人が寄ってきちゃいます。
小さな東洋人としてはひきつり笑顔で対応。
d0134717_17433816.jpgd0134717_17435896.jpg


私の通う語学学校でも
(やっとドイツ語教室に通いだしました。その話はまた後日)
15分の休憩時間にスパークリングワインとベルリーナが振舞われ
男性の先生のネクタイを切って盛り上がりました。
その後、先生も生徒も軽く酔っ払いながら残りの授業をするあたり
日本じゃ考えられませんな。

寒くて暗い冬もこうやって気分を盛り上げて乗り切る。
宗教的行事というより昔からの知恵かな。と感じます。
[PR]

by maronen3 | 2008-02-01 18:15 | ドイツの風景(季節物)

クリスマスマルクト(食べ物編)

予告を書いてしまったので急いで食べ物編を。。。
クリスマス前に見ないと気分が盛り上がらないもんね。

まずは’ドイツ’といえばソーセージ!どちらもおいしい。
↓『ブラットブルスト』               ↓『カリーブルスト
 (焼いたソーセージ)                 (カレーソースのかかったソーセージ)
d0134717_19542982.jpgd0134717_19545313.jpg

そしてこれが無いと始まらない『グリューワイン』とその屋台
d0134717_19582127.jpgd0134717_2021399.jpg

グリューワインは温かくて甘くてちょっとスパイシーなワイン。
サングリアみたいで飲みやすくおいしいですよ。

グリューワインの入っているカップはスーベニアカップとして持ち帰ってもいいし
お店に返せば返金されます。
気に入ったカップだけ持ちかえれば良いというのがなんともドイツ的。

このカップのデザインは場所によっても店によっても年によっても違うので
カップコレクターもいるそうです。

その他、ドイツの伝統的パスタ(名前忘れた)や
冬しか出会えないグリュンコール(ケールを細かく刻んで煮込んだスープ)、
ラクレット(焼いてトロトロに溶けたチーズをたっぷりかけたパン)なんかも食べました。
特にラクレットがおいしかった。
チーズの匂いに最初はうっ!?と思うんだけど食べるとおいしい。

そしてケルンのマルクトでは『焼きそば』を見つけました。
d0134717_2026777.jpg


やはり落ち着く味です。
うまいうまい。





こんな感じですけどそろそろドイツに来たくなりました?
[PR]

by maronen3 | 2007-12-21 02:40 | ドイツの風景(季節物)

クリスマスマルクト(屋台で売ってるもの編)

先日、クリスマスマルクトやってるよーという内容をお届けしましたが
その詳細を写真中心で紹介したいと思います。

マルクトの屋台ではこんなもの売ってます。
  ↓星の形をしたクリスマス飾り(おうちの窓際にぶらさげます)
d0134717_18334067.jpg

  ↓蜂蜜のろうそく(紙のように薄い蝋を巻いて作っているので意外と軽い)
d0134717_18404519.jpg

  ↓お菓子(ナッツを砂糖でコーティングしたものやキャンディー、グミ等等)
d0134717_18432978.jpg

  ↓ブリキのおもちゃ(昔懐かしい感じです)
d0134717_1852561.jpg


広場の中心にはメリーゴーランドがあります。小さな観覧車の場合も。
d0134717_18463931.jpg

その他にもいろいろなクリスマス飾り、クリスマスカード、木工人形、アクセサリー、アロマエッセンスや石鹸等も売られています。
どのお店もこまごまとした物を所狭しと並べていて見ているだけで楽しくなります。
来年はクリスマス飾りを買って部屋に飾るのが目標です。
(今年はまだその余裕がなかったのよ・・・)

屋台で売っている食べ物に関しては次回「クリスマスマルクト(食べ物編)」で。
[PR]

by maronen3 | 2007-12-20 19:17 | ドイツの風景(季節物)

クリスマスマルクト

やっぱりまずはいかにも ドイツ! ってところからご紹介。

11月末からクリスマスまでドイツでは クリスマスマルクト が開かれます。
クリスマスマルクトとは、街中の広場や大きな通りにたくさんの屋台が出て
食べ物やクリスマスの飾りなどが売られています。

これを体験しないと寒くて長い冬は乗り越えられない!とのことなので
私も早速夜のマルクトへ!!
電飾で飾られた小さな屋台がたくさん並んでいます。
d0134717_664373.jpg

屋台では、いかにもドイツ的なソーセージやポテトはもちろん、
マルクト名物グリューワイン(温かくて甘いワイン)、
ナッツやクッキーなどのお菓子、
ツリーの飾りやろうそく等等が売られています。
そして夜なのに人、人、人。
すきっ腹に飲んだグリューワインのせいか寒さも忘れすっかりお祭り気分♪♪

マルクト初体験は旦那が飲み会で不在だったので
これまたドイツ初の夜遊びとして知人女性に連れて行ってもらいました。
おかげで屋台で売られているものの説明も聞けたし、
おいしいものも食べられたし、マルクト&夜遊び満喫!!
「またグリューワイン飲みに行くぞー」とすっかりマルクトにはまった私でした。
[PR]

by maronen3 | 2007-12-14 23:07 | ドイツの風景(季節物)