<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

フランクフルトまでの道のり

先日フランクフルトで友人と会った!というちょっと興奮気味の記事を書いたのですが
実は友人に会うまでに我々(夫婦)はとんでもないミスをしてたんです。

最近、近場に日帰りで出かけることの多くなった私たち。
「カーナビさえあればどこへでも行ける」が口癖になっていました。

ナビのメーカーは「TomTom」というちょっとかわいらしくもプッって感じの名前ですが
今まで何度もナビに救われ、最近では駐車場も「ほい、おまえ探せ」ってな具合で
どこへ行くにも余裕ぶっこいて道順を調べたり地図を見たり(ましてや持って行ったり)しない日々でした。

そんな我々の油断を奴は見逃さなかったのです。。。

朝、車に乗り込みまずナビをセット。
えっと、「空港」で検索して「Frankfurt hahn・・・」と。
 夫 「ターミナルは?」
 私 「ルフトハンザはターミナル1だよ(もちろん知ってるわよ!といった口調で)」
よし、セット完了。
なになに目的地までは210キロ位で、到着予想は11:15。予想通りの回答。
200キロを超えるところに車で行くのは初めてだね!とちょっと興奮。
でも友達の飛行機は11:45着の予定だから間に合うねと余裕で出発。

近くのインターからアウトバーンに乗り、ケルンの手前で違うアウトバーンに乗り換えて
ひたすらアウトバーンからアウトバーンを乗り継ぎ走りました。
途中ニュルブルクリンク(F1サーキットのある街)を通り過ぎ大喜び!

11時頃空港のマークも出ている出口でアウトバーンを降りて一般道へ。
目的地まであと20キロ。。。。。。
って、へ?!?

以前フランクフルト空港までバスで行ったときはアウトバーンから空港が見えて
そのまま空港に入れたのに?????

そこでやっと我々は犯したミスに気づいたのです。
ナビにセットした空港名、それは
「フランクフルトハーン空港」(多分とってもローカル)

我々が行くべきインターナショナルな空港は
「フランクフルトマイン空港」!!!

二人ともフランクフルトと名のつく空港が他にもあるという発想がありませんでした。。。
私にいたっては「Hahn」って空港って意味かな?と思ってたくらい。
(ドイツ語出来る人は読まなかったことにしてください)

よく考えてみれば、アウトバーンを乗り継ぐ時点でおかしい(A3一本で来れたはず)、
ニュルブルクリンクを通る時点でもっとおかしい。。。。
二人とも微妙におかしいなと思いつつ、ま、ナビが言ってるんだしと
ナビを盲信していたのです。

急いでナビを「フランクフルトマイン空港」にセットし直し、それ急げ!!
って目的地までは80キロ。。。到着予想時刻11:58。
友よ、、、ごめん。

そんなこんなで焦りながらも空港に到着。
友達とはほぼ同時に到着ロビーへ。
大きく待たせることにはならなかったけど
焦っておかしなテンションの夫婦に突然ドイツで出迎えられた友人には
ほんとすいませんでした。

そしてこれからは現地のグルメばかり調べないで道順も調べようねと
夫婦で反省したのでした。

こんな私たちですが明日から「マルタ島」旅行へ行ってきます。
無事をお祈り下さい...
[PR]

by maronen3 | 2007-12-26 05:48 | おでかけ(国内)

フランクフルトへ

先週の土曜日にフランクフルトへ行ってきました。

お友達がウィーン、プラハ、ブダペストを旅行していて
トランジットをフランクフルト空港にしてくれたので会いに行ってきました。

お昼に友達と空港で会い、車でフランクフルト市街へ。。。
クリスマスマルクト開催中の土曜日ということもあり
駐車場探しに少々苦労しましたがなんとか到着。

まずは『レーマー広場』でクリスマスマルクト散策&軽く昼食。
d0134717_17182850.jpg

橋を渡って『ザクセンハウゼン』地区へ。
川沿いでは蚤の市をやっていましたが怪しい雰囲気でちょっと緊張。
寒い中結構歩いて『シュテーデル美術館』へ。
「ここへ行きたい!」と言ったわりには芸術に疎い私。
「へー」とか「ほー」とか言いながら館内をぷらぷら。
「教科書に載ってるような絵じゃないとわからないね」という結論に至りました…
ま、1人10ユーロ(約1650円也)で暖をとったと思うことにして
再び街の中心地を目指して歩きました。

   ↓マイン川とフランクフルトの街並み(都会です)
d0134717_1750569.jpg

   ↓橋からの風景(素敵な夕暮れってまだ15時半です)
d0134717_17511568.jpg


街中散策もそこそこに、小腹もすいてきたし、寒いし
日も暮れてきたので早めの夕食をとろうということになり
『ハウプトヴァッフェ』のカフェへ。
カフェは、警護所だった建物を利用して作られていて観光名所にもなっています。
そこでパスタを食べましたが、なかなかおいしかったですよ。
ドイツに来て初めて日本で食べてたいわゆる’パスタ’って感じに出会いました。
(日本から来た友人には特に珍しさもないもので申し訳なかったですけど…)

そこからはマルクト開催中の通りをかなり歩いたのですが
友達に会えて嬉しい私はすっかりしゃべりたおしてしまい
店どころか周りの景色さえ見ずにひたすら歩き、しゃべる状態でした。
(ますます友人には申し訳ない)
    ↓夜の街並み
d0134717_17535283.jpg

そして空港へと戻り、お友達は日本へと飛び立っていきました。
私は久しぶりに友達との会話を楽しむことが出来てほんとーに楽しかった!
(旦那は「女同士ってすごいしゃべるんだね」と驚いてました。)
また遊びに来てもらいたいなーと早くも思ってます。
あっ、今度はもう少しましな観光案内が出来るようにしときます。。。
[PR]

by maronen3 | 2007-12-22 20:45 | おでかけ(国内)

寒っ!!

ここのところ晴天に恵まれ気持ちのいい日が続いています。
おかげで一気に気温が下がりました。
そりゃあもう、キンキンに冷えてます。
夫が出勤するときの気温は-6℃でした。

あまりの天気のよさにテンションがあがり
寒さも忘れうっかりお散歩に出かけました。
外へ出てみると、午後2時だというのに霜が降りた早朝のような景色と空気。
そして近所の公園に着くと
d0134717_22472055.jpg

わかります?
池が凍ってるんです。
d0134717_2314749.jpg

この人たちが立ってるのは氷の上ですよ!
d0134717_2322046.jpg

鳥が水面の上に黄色い足出して立ってんですよ!!
(真ん中の奴なんか滑って転んでます)

富士山の麓で育ったとはいえ、子供の頃水溜りに氷が張るだけで大騒ぎでした。
公園の池が凍り、人が歩けるなんて…

最近の寒さは「ここはドイツ。日本じゃないんだぞ」と私にささやき掛けます。
1月2月が怖いよー。
[PR]

by maronen3 | 2007-12-21 23:03 | 日々の生活

クリスマスマルクト(食べ物編)

予告を書いてしまったので急いで食べ物編を。。。
クリスマス前に見ないと気分が盛り上がらないもんね。

まずは’ドイツ’といえばソーセージ!どちらもおいしい。
↓『ブラットブルスト』               ↓『カリーブルスト
 (焼いたソーセージ)                 (カレーソースのかかったソーセージ)
d0134717_19542982.jpgd0134717_19545313.jpg

そしてこれが無いと始まらない『グリューワイン』とその屋台
d0134717_19582127.jpgd0134717_2021399.jpg

グリューワインは温かくて甘くてちょっとスパイシーなワイン。
サングリアみたいで飲みやすくおいしいですよ。

グリューワインの入っているカップはスーベニアカップとして持ち帰ってもいいし
お店に返せば返金されます。
気に入ったカップだけ持ちかえれば良いというのがなんともドイツ的。

このカップのデザインは場所によっても店によっても年によっても違うので
カップコレクターもいるそうです。

その他、ドイツの伝統的パスタ(名前忘れた)や
冬しか出会えないグリュンコール(ケールを細かく刻んで煮込んだスープ)、
ラクレット(焼いてトロトロに溶けたチーズをたっぷりかけたパン)なんかも食べました。
特にラクレットがおいしかった。
チーズの匂いに最初はうっ!?と思うんだけど食べるとおいしい。

そしてケルンのマルクトでは『焼きそば』を見つけました。
d0134717_2026777.jpg


やはり落ち着く味です。
うまいうまい。





こんな感じですけどそろそろドイツに来たくなりました?
[PR]

by maronen3 | 2007-12-21 02:40 | ドイツの風景(季節物)

クリスマスマルクト(屋台で売ってるもの編)

先日、クリスマスマルクトやってるよーという内容をお届けしましたが
その詳細を写真中心で紹介したいと思います。

マルクトの屋台ではこんなもの売ってます。
  ↓星の形をしたクリスマス飾り(おうちの窓際にぶらさげます)
d0134717_18334067.jpg

  ↓蜂蜜のろうそく(紙のように薄い蝋を巻いて作っているので意外と軽い)
d0134717_18404519.jpg

  ↓お菓子(ナッツを砂糖でコーティングしたものやキャンディー、グミ等等)
d0134717_18432978.jpg

  ↓ブリキのおもちゃ(昔懐かしい感じです)
d0134717_1852561.jpg


広場の中心にはメリーゴーランドがあります。小さな観覧車の場合も。
d0134717_18463931.jpg

その他にもいろいろなクリスマス飾り、クリスマスカード、木工人形、アクセサリー、アロマエッセンスや石鹸等も売られています。
どのお店もこまごまとした物を所狭しと並べていて見ているだけで楽しくなります。
来年はクリスマス飾りを買って部屋に飾るのが目標です。
(今年はまだその余裕がなかったのよ・・・)

屋台で売っている食べ物に関しては次回「クリスマスマルクト(食べ物編)」で。
[PR]

by maronen3 | 2007-12-20 19:17 | ドイツの風景(季節物)

ブンデスリーガ

早くも行っちゃいましたよ!
ブンデスリーガ観戦に!!

しかも、高原&稲本のいるフランクフルト(アウェイ)VS デュイスブルク(ホーム)戦。

最寄(と思われる)駅についてもサポーターらしき人々が見えず
ちょっと不安になりつつも歩くこと10分。
ちらほらデュイスブルクのタオルマフラーを首に巻いた人たちが見えてきたと思ったら
忽然と立派なスタジアムが!
そして人々が威勢よく「エイ、エイ、オー!」(私にはそう聞こえました)と
歌っているのが聞こえます。

おおっ!!これがブンデスリーガかあ。。。
と、はやる気持ちを抑えつつ席に着くと間もなく試合開始。
d0134717_6253379.jpg

やっぱり高原&稲本はベンチですねー。
(「あの二人仲良く座ってるのがそうじゃない?」なんて言いながらベンチを凝視する我々)
d0134717_626817.jpg

試合はフランクフルトが1点を先制し、ますます二人の出番が期待薄に。。。
そして終了間際やっと稲本の出番が!!
たった5分とはいえ日本人選手が出たことで
テンションマックスで稲本の写真を撮りまくり←おいおい、試合見ろよ。
(ボールをキープしているのが稲本です。。。小さい)
d0134717_6263752.jpg

行ってよかった。大満足。

清水エスパルスの試合は何度も観に行っていた私。
ブンデスリーガ見ちゃったら日本の試合なんて...と思いきや
日本のJリーグも結構いい線行ってるように思いましたよ。雰囲気的には。
(専門的なことはわかりませんが。)

ただ、アウェイの応援団は仕切られた一画に閉じ込められていることと
試合中にフランクフルトサポーターが発炎筒を焚いて花火を打ち上げてましたけど…

試合は結局フランクフルトが1対0で勝ち、デュイスブルクはリーグ最下位(18位)へと転落したのでした。ちなみにフランクフルトは現在9位。

やっぱり高原&稲本には頑張って欲しいーなー。
だって日本人なんだもん。
[PR]

by maronen3 | 2007-12-19 18:04 | おでかけ(国内)

クリスマスマルクト

やっぱりまずはいかにも ドイツ! ってところからご紹介。

11月末からクリスマスまでドイツでは クリスマスマルクト が開かれます。
クリスマスマルクトとは、街中の広場や大きな通りにたくさんの屋台が出て
食べ物やクリスマスの飾りなどが売られています。

これを体験しないと寒くて長い冬は乗り越えられない!とのことなので
私も早速夜のマルクトへ!!
電飾で飾られた小さな屋台がたくさん並んでいます。
d0134717_664373.jpg

屋台では、いかにもドイツ的なソーセージやポテトはもちろん、
マルクト名物グリューワイン(温かくて甘いワイン)、
ナッツやクッキーなどのお菓子、
ツリーの飾りやろうそく等等が売られています。
そして夜なのに人、人、人。
すきっ腹に飲んだグリューワインのせいか寒さも忘れすっかりお祭り気分♪♪

マルクト初体験は旦那が飲み会で不在だったので
これまたドイツ初の夜遊びとして知人女性に連れて行ってもらいました。
おかげで屋台で売られているものの説明も聞けたし、
おいしいものも食べられたし、マルクト&夜遊び満喫!!
「またグリューワイン飲みに行くぞー」とすっかりマルクトにはまった私でした。
[PR]

by maronen3 | 2007-12-14 23:07 | ドイツの風景(季節物)