<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

EURO2008

現在「UEFA EURO 2008」が開催中です。
4年に一度、欧州王者を決めるサッカーの祭典。

毎日ワールドカップ決勝並みの対戦が観られます。
素人が観てもほんとにおもしろい!!
まず点がいっぱい入る!
美しいフリーキックもあれば、すばやくパスをつないでのシュート等等。。。
それにロスタイムでの大逆転なんて当たり前。
最後の最後まで目が離せなくて、どこが勝ってもおかしくない。

もちろんドイツ人の興奮はそれどころじゃーない。
家の窓には国旗を飾り
d0134717_1635597.jpg

車も国旗をはためかせながら走っています。
d0134717_1635258.jpg

飲食店はテレビを設置、どの席からも中継が見られるようにしてあります。
繁華街では試合前から大騒ぎをする若者がいーっぱい。
家でテレビを見ていても点が入るたび
近所の人たちが歓声をあげ、ドタバタと暴れている音が聞こえてきます。

夫の会社ではEURO開催中ラジオの視聴が許されたそうです。
そうしないとサッカー観るために皆休んじゃうからとのこと。

昨日でベスト4が出揃い、
次の試合は水曜日。ドイツ対トルコ!
ドイツにはトルコ系移民がとても多く、
都市によっては人口の10%を占めると言われています。
どっちが勝っても暴動が起きそうなこの組み合わせ。。。
どうなることやら、、、、かなり楽しみです。
[PR]

by maronen3 | 2008-06-23 16:45 | 日々の生活

Japan Tag

6月14日(日)は「Japan Tag(日本デー)」でした。

Japan Tagとは、日本人の多いデュッセルドルフならではの
年一回行われるお祭りで
日本の文化習慣などを紹介する展示や発表会の他
ライン川沿いではたこ焼きや焼そばなどの露天が並び
夜には花火大会が行われます。

花火大会は30分間だけでしたが、なかなか見ごたえあり!でした。
私たちの周りはドイツ人ばかりだったので
花火に対するリアクションがおもしろかった。
盛り上がってくるとサッカーの応援のように皆で声を合わせてオウオウ言ったり
拍手と指笛で盛り上がる。
最後の花火が終わった後にはあらためて皆で拍手。。。
スタンディングオベーションって感じ?!

ドイツ人も花火を楽しみにしてるんだなと思うと
日本人としてはなんだか嬉しくなりました。

22時過ぎまで明るい今日この頃。
この花火大会23時から行われました。。。

それにしてもこのJapan Tag、
一番楽しみにしているのは’オタク’のドイツ人たちだと思います。
イベントのひとつに漫画コンテストというものもあり
優勝商品は日本への航空チケット。
今や日本と言えばアニメや漫画の国なんです。

ドイツ人たちがアニメのコスプレやビジュアル系バンドのような格好をして
和食レストランや日本の本を売っている店をうめつくし
秋葉原化していました。
(↓わかりにくいけどコスプレしている人たち。ほんの一部の方々です)
d0134717_20362341.jpg

「それが日本のすべてじゃないよー」と言いたくなりますが
ここでは私も外国人。
日本という国に興味と好意を持ってくれてる彼らをあたたかい目で見てますよ。
[PR]

by maronen3 | 2008-06-18 20:53 | 日々の生活

ソフトボール大会

少し前の話になりますが、ソフトボール大会が行われました。

日本人クラブ主催、参加者は63チーム、850名。
応援の人も含めると1000人くらいの日本人が大集合。

各チーム予選2試合を行い、その得失点差で上位18チームが決勝進出。
決勝戦はくじ引きで組み合わせを決め、各チーム1試合。
その得失点差で1~18位が決定。
ってことで基本的に得失点差ですべて決まるので
どのチームと当たるかが運の分かれ目。

私の参加しているチームは予選2試合を完勝。
相手チームには、ルールを知らないドイツ人青年もいて、
フライを打ち上げ捕られたのに、二塁に立って満面の笑み。
皆に「アウトだよ」と言われても「なんのこと?」って感じで、笑いもおこる楽しい試合。
私も打点1を上げ、守備でもボールが飛んでくることはなく平和に終了。
ということで、めでたく決勝進出決定!

一方、決勝戦は厳しかったー。
最初に相手チームに3点を取られたものの、後半で逆転!!
試合は45分の時間制限があったので、
このまま終われば勝利!のはずが。。。。
なんと大会本部が終了の合図を忘れそのまま試合続行、結局1点差で逆転負け。
最終的に11位だったそうな。

冬に逆戻りしたような一日曇りの寒々しい日でした。
d0134717_20565582.jpg


会社の寄せ集めメンバーで決勝戦進出は、立派な成績だと思います。

でも、あんなにヒヤヒヤするのもう嫌だから
私個人としては、今大会を持って引退の意向なんですけどね。
(次の大会は10月、その頃一時帰国しようかなーと企て中)
[PR]

by maronen3 | 2008-06-16 16:09 | 日々の生活

オランダ旅行(おまけ)

今回の旅行を一言で言うと
”ふれあいの旅”でした。

いかにも観光客、そして学生にでも見えるのでしょう。。。
買い物すれば店員さんに必ず「どこから来たの?」と話しかけられ、
街中や駅でちょっとでもキョロキョロしようもんなら
どこからか声をかけてきて助けてくれ(ようとす)るオランダ人。

きわめつけは、最終日の夜に行ったブラウンカフェ’Hoppe’
ブラウンカフェとは昼はカフェ、夜はアイリッシュパブのようなバーになる店で
仕事帰りの地元の人たちで賑わっています。

ビールを一杯飲みつつ友達と別れを惜しんでいると
見知らぬおっさんがマッチを二個持って私たちの席に来ました。
そして、「これからマッチを使った手品を見せてやるからこの二つ↓をよーく見ておけ」とな。
d0134717_3282453.jpg

ビールも飲み終わっちゃったし、「時間がないのでもう帰る」と言った私たちを
「2分だけ」と無理やり引き止めます。
仕方なくおっさんのマッチを使った手品を見て拍手して帰ろうとしたら
そのマッチを渡され、「おまえもやってみろ」と言います。
うまく出来ない私をみておっさん大満足!!
私も出来るようになるまでご教授いただき
「これで君は日本でスターだ!」とのお言葉をいただきました。


とっても親切で温かい国民性に感謝感謝の旅でした。
が、なにせ言葉の壁が…
かなり無理くり英語を話させられる旅となりました。


そして気づいた。とっさに出ちゃうドイツ語(返事と数字だけね)。出てこない英語。
今の私は英語を忘れ、ドイツ語も中途半端。
うーん、まだまだ修行が必要です。




更におまけ。
アムステルダムは自転車天国でした。
歩道は隅っこに追いやられ歩きにくい。
何度か自転車にひかれそうになるは、自転車ライダーには怒られるは。。。
青信号を渡って向かいの歩道に行こうとしても
手前の自転車道路に阻まれ車道に取り残されます。
車より自転車に気をつけるようになり、常に右左確認するクセのついた私たちでした。
[PR]

by maronen3 | 2008-06-13 17:15 | おでかけ(国外)

オランダ旅行(街並)

義父母来独中だったため、またまた久々の更新になっちゃいました。
今更ながら更にアムステルダム報告でございます。


アムステルダム市内は、多くの運河と歴史を感じるレンガ造りの建物で
異国情緒あふれる街並みでした。

d0134717_18135950.jpg

d0134717_18125591.jpg

↑こちらの運河沿いには「シンゲルの花市」と呼ばれる
チューリップの球根や花を売る店が数百メートル並んでいます。 
私はチューリップの球根ではなく、オクラの種買っちゃいましたけど…
17世紀に作られたという木製の「マヘレのハネ橋」↓
d0134717_18132476.jpg


街の中心地、ダム広場に建つ王宮。
d0134717_18151825.jpg

1655年市庁舎として建築→1808年ナポレオンの弟が王宮として接収→アムステルダム市に返還→市がオランダの新王家に献上(現在は迎賓館として使用)だそうです。
(これも地球の歩き方参照)

アムステルダムは思っていたよりもこじんまりとした街でした。
更にトラム(路面電車)も乗りこなし?!
一日で観光ポイントはほぼおさえた私たちでした。
[PR]

by maronen3 | 2008-06-11 18:36 | おでかけ(国外)