<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アンダルシア旅行(フラメンコ観賞)

アンダルシア最後の夜は、’フラメンコディナーショー’へ

ホテルのあるグラナダ市内からアルバイシン地区へ

アルバイシン地区:アラブの統治下に城塞都市として発展した、グラナダ最古の街並みが残る地区
            道は迷路のように入り組み方向感覚を失わせる(地球の歩き方参照)

と、書いてあるとおり車一台がやっと通れる細い急坂を
定員オーバーのマイクロバスで登っていきます。
電柱や道路標識は今にもぶつかってきそうだし、歩行者はいるわ、対向車は来るわ
角を一つ曲がるだけでもヒヤヒヤ
皆でヒャーヒャー悲鳴を上げながら、30分ほどでお店に到着
d0134717_20354638.jpg
坂の途中に立つ”Restaurant Venta Del Gallo"
d0134717_20361759.jpg
店内は洞窟風のつくりで壁には鍋やフライパンがディスプレイされています。
ジプシーの多くは昔、鍛冶屋をして生計を立てていたとのこと。

ショーが始るまでゆっくりと夕食をいただきます。が、味はいまいちでしたな。。。

フラメンコショーが始ると皆舞台に釘付け
d0134717_20364069.jpg
激しく鳴り響く靴音、手拍手、哀愁漂う歌声とギターの音色
まさに魂の叫び、情熱のフラメンコ
その表情、激しいダンスに圧倒されます。

特にこの赤いドレスのおばちゃん女性は迫力満点

こういったタブラオと呼ばれるフラメンコの見られるレストランは家族経営が多いそうで
小さいうちから親にフラメンコを教わり、一家を支えるために踊ってるのね。
日本では大衆演劇の一家みたいなもんかしら。なんて勝手に想像。


行き帰りのスリルとフラメンコショー、どちらも一見の価値あり!



翌日は出発までグラナダ市内散策&ショッピング
d0134717_1555928.jpg
”カテドラル”
朝早すぎて中に入れず

出発時間の11時まで、やっぱりお買い物したいってことで
デパート’エル・コンテ・イングレス’の前で10時の開店待ち

10時になるとシャッターが開き、店内へ
「意外と時間通りに開店するのね」なんて思ったら
まだ電気はついてないし、店員さんはレジ袋持って自分の持ち場に向かってる。
とりあえずお客さんは入れるけど、開店準備はこれからのよう。

まだ暗い店内を歩くのはお店に忍び込んだみたいでおもしろいし
スペインのそういう(いい加減な)ところ嫌いじゃない。


おまけ;グラナダの空港で食べたスペインオムレツ
d0134717_2145563.jpg
具はたっぷりのグリーンピースのみ。でもとってもおいしかった。
今では我が家の定番メニューとなりました。
            


たった4日の旅行にどんだけ時間かかるんだよ!とお思いの皆様、
たいへん長くかかりましたが、やっとアンダルシア旅行記終了です。
長々お付き合いありがとうございました。
[PR]

by maronen3 | 2009-08-29 21:25 | おでかけ(国外)

アンダルシア旅行(アルハンブラ宮殿)

いやーすっかりご無沙汰でした。
何事もなかったようにアンダルシア旅行続きます。。。


朝からバスでグラナダへ
セビリアからは3時間半の長旅

グラナダの見所と言えば、イスラム芸術の傑作”アルハンブラ宮殿”

でもその前にこの日の昼食紹介
d0134717_123215.jpg
d0134717_125158.jpg

d0134717_131283.jpg
d0134717_133285.jpg

創作料理といった感じのおしゃれなタパスが10種も!
これがほんとにほんとーにおいしかった!!☆3つ!!!

しかもビールとワインが飲み放題!!!!
(ウエイトレスさんが面倒なので、そうしたようにしか思えなかったけど。
食後のコーヒーはやかんで注いでまわってました。。。うーん、スペイン)

この頃になるとツアーメンバーとも打ち解けてきておしゃべりに花が咲きます。
その結果(私たちの周りだけ)飲み会状態に。


まずは、アルバイシンの丘から”アルハンブラ宮殿”の全景とグラナダの街並みを眺めます。

その後 ”アルハンブラ宮殿”へ入場。いざ!!

外観は要塞といった感じでなんとも地味
d0134717_1151948.jpg
なのになのに、なんということでしょう~

一歩中に入ると
d0134717_1165111.jpg
「アラヤネス(天人花)の中庭」
シエラ・ネバダの雪解け水を引いた池に映るのは「コマレスの塔」

d0134717_1171558.jpg
「獅子宮の中庭」を取り囲む大理石の柱が並ぶ回廊
名前の由来となる12頭の獅子が支える水盤は、修復中のため獅子たちは留守。。。残念。

d0134717_1183767.jpg
回廊の奥には「二姉妹の間」
ムカルナス(鍾乳石飾り)と呼ばれるツララのような装飾が美しい天井

d0134717_11872.jpg
二姉妹の間から続く「リンダラハの露台」


壁や天井を埋め尽くす装飾の精密さ、デザインのモダンさに見とれるばかり。。。
複雑だけど緻密に計算された模様は何時間でも眺めていられそう。
本来すべての壁面は彩色されていたというからどれだけ豪華な空間だったことか。


噴水や池、花壇の続く散歩道を少し歩いて「ヘネリラリフェ離宮」へ
d0134717_1132534.jpg
離宮から見たアルハンブラ

d0134717_119529.jpg
離宮中央にある「アセキアの中庭」
池を囲んで咲くかわいい花々と噴水の水しぶき。ステキ☆


さすがはアラブ芸術の粋を極めた ”アルハンブラ宮殿”
まさにこの旅のハイライト!
またまたもう一度行きたいところが増えちゃいました。
[PR]

by maronen3 | 2009-08-27 01:29 | おでかけ(国外)