冬の間

お久しぶりでーーーーーす。
って、誰かこのブログ未だに見てくれてるのかしら。。。
またまた何事も無かったように再開いたします。

久々ってことでここ数ヶ月の風景でも。

ドイツのなっがーーーーーい冬。
それはそれは寒かった。
特に今年の冬は雪が降りまくり、毎日空も、道路も、真っ白
毎日こんな灰色の世界。。。
d0134717_31291.jpg
いつもの散歩道も
d0134717_3124585.jpg
お正月にはこんな車も
d0134717_313783.jpg
ドイツの雪だるまは必ず3段重ね。
人間も頭が小さく手足が長いからか?
d0134717_3164663.jpg
公園は木のソリで遊ぶ子供たちでいっぱい
d0134717_3133926.jpg

本来、比較的温暖で雪の少ない地域なのに、とにかく今年は雪が多かった。

でもやっと!!春の兆しを感じる日々に。
先日お買い物の途中、荷物が重たかったので公園のベンチで休憩中
ふと空を見上げたら、思わず涙が出そうになりましたよ。
d0134717_3135497.jpg
だってだって、青い空が見えるだけで、猛烈に感動なんですよ。
(3分もしたら体が冷えてきて座ってなんて居られなかったけど)


更に、ここ1週間で突如暖かくなり、日中20℃近くまで気温が上がってます。
このまま春よ、こーい!!と心の底から叫ぶ毎日です。
[PR]

# by maronen3 | 2010-03-26 03:39 | 日々の生活

駐在の宿命

いつもながらの久々の更新。
こちらはもうすっかり冬ですよ。
最低気温1℃、最高気温10℃って日が多いかな。



そして今日はちょっぴり’しんみり’しております。



なぜなら昨日、仲良しのお友達が帰国しちゃったんです。。。。


とってもとっても優しくて親切で
その上とーーーーーってもおもしろい!!
会えば必ず大爆笑の連続。
箸が転んでもおかしい年頃かってくらい、いつも笑ってました。


最初に行ったドイツ語教室で同じクラスになったが運のつき。
それからというもの、もう一人のお友達と3人で
少なくとも週2~3回は会っていました。

ドイツ語教室後のランチはもちろん、一緒にテニスを習ったり
遠足と称して電車で他の街まで出かけたり。。。

最近では、3人だけでは飽き足らずそれぞれの夫も巻き込み
3夫婦で飲みに行ったりもしてました。

帰国したお友達はもともとご主人の任期が2年と決まっていたので
前々からわかってたことなんだけどね。



ドイツに住み始めて2年、帰国する知り合いが増えてきました。
駐在とはそういうもんだけどお見送りはやっぱり寂しいわ~。


でもまた日本で会えると信じて、これからも私の日常は続きます。
[PR]

# by maronen3 | 2009-10-24 04:59 | 日々の生活

アンダルシア旅行(フラメンコ観賞)

アンダルシア最後の夜は、’フラメンコディナーショー’へ

ホテルのあるグラナダ市内からアルバイシン地区へ

アルバイシン地区:アラブの統治下に城塞都市として発展した、グラナダ最古の街並みが残る地区
            道は迷路のように入り組み方向感覚を失わせる(地球の歩き方参照)

と、書いてあるとおり車一台がやっと通れる細い急坂を
定員オーバーのマイクロバスで登っていきます。
電柱や道路標識は今にもぶつかってきそうだし、歩行者はいるわ、対向車は来るわ
角を一つ曲がるだけでもヒヤヒヤ
皆でヒャーヒャー悲鳴を上げながら、30分ほどでお店に到着
d0134717_20354638.jpg
坂の途中に立つ”Restaurant Venta Del Gallo"
d0134717_20361759.jpg
店内は洞窟風のつくりで壁には鍋やフライパンがディスプレイされています。
ジプシーの多くは昔、鍛冶屋をして生計を立てていたとのこと。

ショーが始るまでゆっくりと夕食をいただきます。が、味はいまいちでしたな。。。

フラメンコショーが始ると皆舞台に釘付け
d0134717_20364069.jpg
激しく鳴り響く靴音、手拍手、哀愁漂う歌声とギターの音色
まさに魂の叫び、情熱のフラメンコ
その表情、激しいダンスに圧倒されます。

特にこの赤いドレスのおばちゃん女性は迫力満点

こういったタブラオと呼ばれるフラメンコの見られるレストランは家族経営が多いそうで
小さいうちから親にフラメンコを教わり、一家を支えるために踊ってるのね。
日本では大衆演劇の一家みたいなもんかしら。なんて勝手に想像。


行き帰りのスリルとフラメンコショー、どちらも一見の価値あり!



翌日は出発までグラナダ市内散策&ショッピング
d0134717_1555928.jpg
”カテドラル”
朝早すぎて中に入れず

出発時間の11時まで、やっぱりお買い物したいってことで
デパート’エル・コンテ・イングレス’の前で10時の開店待ち

10時になるとシャッターが開き、店内へ
「意外と時間通りに開店するのね」なんて思ったら
まだ電気はついてないし、店員さんはレジ袋持って自分の持ち場に向かってる。
とりあえずお客さんは入れるけど、開店準備はこれからのよう。

まだ暗い店内を歩くのはお店に忍び込んだみたいでおもしろいし
スペインのそういう(いい加減な)ところ嫌いじゃない。


おまけ;グラナダの空港で食べたスペインオムレツ
d0134717_2145563.jpg
具はたっぷりのグリーンピースのみ。でもとってもおいしかった。
今では我が家の定番メニューとなりました。
            


たった4日の旅行にどんだけ時間かかるんだよ!とお思いの皆様、
たいへん長くかかりましたが、やっとアンダルシア旅行記終了です。
長々お付き合いありがとうございました。
[PR]

# by maronen3 | 2009-08-29 21:25 | おでかけ(国外)