2009年 06月 30日 ( 1 )

アンダルシア旅行(コルドバ観光)

二日目はコルドバ日帰り観光へ
セビリヤからコルドバまではバスで片道1時間半の道のり


中世にはヨーロッパのイスラム世界の中心地として栄えた街
d0134717_29658.jpg

その中心に大モスクとして建てられた”メスキータ”
d0134717_242140.jpg
白い石と赤いレンガによって縞模様が施された馬蹄形のアーチと
現存するだけでも856本の大理石の円柱が幻想的

色のコントラストもさることながら
重さの違う石とレンガを組み合わせることにより
アーチの強度を増すよう計算された高い技術の建物とか。。。

アラベスク模様やモザイクで飾られた
鍵穴型のミフラーブ(メッカの方向を示す壁がん)
d0134717_261978.jpg
d0134717_2638100.jpg
個人的に一番興味深かったのは様々なバリエーションの天井
d0134717_2281929.jpg
d0134717_215676.jpg



コルドバの発展とともにメッカの方向へ向かい縦に拡張していくうちに
川にぶつかってしまい泣く泣く横に拡張したという経緯もあるそうな


その後コルドバを再征服したキリスト教徒の手で
メスキータ内部にはカトリックの礼拝堂や合唱台が造られ
一つの建物に二つの宗教が同居する不思議な空間
d0134717_2363918.jpg
突然現れるイエス・キリスト↑、大聖堂↓
d0134717_2115110.jpg



次は迷路のように入り組んだ白壁の路地が続く”ユダヤ人街”へ
その中でも両側に植木鉢が吊るされた”花の小道”は印象的
d0134717_2403884.jpg



昼食はツアーに付いていたので日本人の皆さんと一緒に
サルモレッホ(コルドバ風コールドスープ)と魚介のパエリア、
デザートにプリンをいただきました。もちろんリオハの赤ワインも。
お料理のお味はまあまあでした。ってことで写真は省略。


一時間ほどの自由行動の後、セビリヤへと戻りました。
[PR]

by maronen3 | 2009-06-30 02:28 | おでかけ(国外)